Warning: mysql_real_escape_string(): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO) in /home/hs232c2/public_html/moukarushikaku.com/wp-content/plugins/statpress/statpress.php on line 1191

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/hs232c2/public_html/moukarushikaku.com/wp-content/plugins/statpress/statpress.php on line 1191

Warning: mysql_real_escape_string(): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO) in /home/hs232c2/public_html/moukarushikaku.com/wp-content/plugins/statpress/statpress.php on line 1194

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/hs232c2/public_html/moukarushikaku.com/wp-content/plugins/statpress/statpress.php on line 1194

Warning: mysql_real_escape_string(): Access denied for user 'root'@'localhost' (using password: NO) in /home/hs232c2/public_html/moukarushikaku.com/wp-content/plugins/statpress/statpress.php on line 1197

Warning: mysql_real_escape_string(): A link to the server could not be established in /home/hs232c2/public_html/moukarushikaku.com/wp-content/plugins/statpress/statpress.php on line 1197
<儲かる資格>宅建の仕事と年収!不況や就職難を乗り切る資格

<儲かる資格>宅建の仕事と年収

宅建の仕事の特徴は、独占業務があることです。

具体的には、「重要事項の説明」「重要事項説明書への記名・押印」
「契約内容記載書への記名・押印」です。
これらの業務は宅建の有資格者しか出来ない仕事で、宅地建物に関する契約をする際は、
必須事項になります。

また、宅地建物を取り扱う業務をする企業で、
各事務所に5人に1人の割合で 宅建の有資格者を配置しなければいけない決まりもあります。
つまり、宅建の資格がなければ、不動産そのものの業務が出来ないのです。
ですから、宅建という資格は、国家資格最大級の受験者数を誇り これだけ人気があるのです。

次に宅建の年収ですが、宅建は独立開業型の資格ではなく、
企業に就職して仕事をするので、平均の年収は分かりません。
ただ、それでもあえて言うと、上場している不動産業界の平均年収は、
460万円くらいと言われています。

上記の年収が高いと思うか安いと思うかは人それぞれですが、
会社員がこの不況下で稼げる年収はではそのくらいだと思います。

しかし、宅建は独立開業の資格ではないと言いましたが、
実は独立開業してかなり儲けている人もいます。

宅建で独立する場合、不動産やマンションの仲介をすることになりますが、
その場合資産を持つ必要はなく、それほど独立が難しいわけではありません。
しかも、不動産の仲介手数料が高く、1件販売するだけでもかなり儲かります。

例えば、1000万の土地を仲介販売したら、
3%のマージンと6万円をもらえる計算になります。
つまり、36万円の報酬が手に入るのです。

また、実際にそれよりも大きな額の土地を小さな会社が販売している事実があります。

ですから、大衆的な考えで宅建を利用してもそれほど儲けることは出来ませんが、
少し工夫すればかなり儲けられる資格なのです。

そして、実際に儲けるためには、普通の考えや行動ではいけません。
普通の人が非常識だと思うような考えが必要なのです。
是非、参考にして下さい。